FC2ブログ

私がファシリテーションを学び始めた理由

最初のイラスト


私がファシリテーションを学び始めたのは

会議を改善して組織・団体の活動の成果をより良くしたいと思ったからでした。


今回はそこに至るまでを書こうと思います。

(以下、ファシリテーション=ファシリ)


大学二年とき、グループワークが苦手だった。

私自身、人と何かをやるのは苦手な性格でした。
見栄っ張りで、自分は他の人よりも頑張っていて頭がいいと考えていたため、

ビジネスプランを作る合宿などでチームを崩壊させたこともあります。


自分はグループで活動できない。
そんなことが何度か続くたびに、最初は他人のせいにしていましたが、
徐々に自分のせいではないのかと考えを改め始めました。
「チームワーク」とかいろいろ検索してみましたが、答えは簡単には出ませんでした。



大学二年の秋にファシリに出会う。

このままの大学生活ではいけないと思い、
闇雲にいろんなことをやっていて偶然にファシリ講座を知って参加したのがきっかけでした。

今まで自分に何が足りないのかわかりませんでしたが、
講座が終わってから、ファシリだったのではないかと思います。

相手の意見より自分の意見の方を説得し合うような話し合いが
当然と思っていましたが、そうではなく
メンバーと共創していくことが大事なのだと知ったのです。



ファシリを独学して、様々なミーティングに参加。

それ以降、ファシリについて独学していった私は市役所と協同で
まち育てミーティングというものや、大学サークルのミーティングを経験していきます。

そこで出会ったものは、会議を非効率で軽んじているものが多いという気付きです。
会議は、その団体の成果を左右するものなのに
それの方法を学ばずに適当にやる人が多いことを私は危機感を感じます。

この危機感を抱いているのは、当時は私ともう一人の仲間くらいのものでした。



青森のミーティングを改善していきたい。

その仲間と私は
「会議を改善し、団体の活動を向上させ、青森をより良くしよう」と活動をはじめます。
具体的には他の大学、市役所などのミーティングの
進行・設計・サポート、ファシリの講座などをやってきました。

そして今回、もっと多くの人にファシリを知ってもらい、会議をより良くしてほしい!と思い、
このブログを始めました。




関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。